30豪雪による被害

少しづつ浮き彫りになる30豪雪の被害

ニュースでも県内の雪災被害について取り上げられております。
雪災被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

温暖化が進んでいるから、こんな大雪は遥か昔の話としか思わなくなっていましたが、まさに「天災というのは忘れたころにやってくる。」そんな言葉が響く冬となってしまいました。

私も何件かお客様の屋根の雪下ろし・除雪をしましたが、2階の屋根からわずか10センチ足らずのツララが落ちてきて頭に当たり、幸い小さくて問題はありませんでしたが、これが巨大な氷の塊とか雪の塊だったら。。。と考えるとゾッとしました。

まだ、屋根の雪も道路の雪も減りはしましたが残っておりますし、ツララや氷の塊は冷え込めばできてしまいます。道路を歩くときは常に足元と屋根の端口に注意してお出かけください。

住宅やエクステリアの被害

ここのところ天気がいいので車で走っていても、カーポートが歪んでいたり、倉庫らしきプレハブの建物が潰れていたりしているのを見かけます。
お仕事の方でもこの豪雪の影響と昨年の台風の影響による住宅の部分修理や外構(エクステリア)の問い合わせが複数出てきています。

そんな中で話があがるのは住宅の火災保険について。
別のページでも火災保険について書いていますのでよろしければコチラへ
「火災保険を活用した修理修繕」

自宅の雪災被害は基本、火災保険を適用できますが、エクステリアや隣家の建物や構造物にまで被害が及んでしまった場合は、ほとんどのケースで別途の特約を結んでいないと難しいようです。

その特約に入っているかどうかは、所属の火災保険会社に問い合わせるか保険証券で確認できると思います。

また、被害と分かった時点で写真に収めておくと良いと思います。
特に雪の場合は雪が溶けてしまうと状況が分かりづらくなることもあるかと思います。

写真は被害箇所と分かる程度に家の全体。
被害箇所の詳細が分かるように接近したもの。
落下物がある場合は片づけてしまう前に写真に収めておきましょう。
障害にならなければ落下物をそのままにして保険屋さんにどうすべきか聞くのも良いかと思います。

何ともなくても総点検

今現在異常がなくても、積雪が落ち着いたら屋根・壁・家の周りを総点検したほうが良いと思います。
特に屋根や壁は仕上げ材の下に防水紙が敷いてあるので、すぐに雨漏りが無くても後になってジワジワと被害が露呈する場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA