シロアリ被害箇所の修繕

シロアリ被害を受けた部材

畳と縁板との間を住みかとするパターンも多いです。
畳をめくると一目瞭然
フローリングの色が黒澄んで床が抜けそうなほどボロボロ。且つ全体的にフワつく

部材が被害を受けると

・ 部材の色が変色。
・ 1ミリ程度の穴がプツプツとあり、その周辺に白く粉をふく。
・ 木目に沿って空洞ができる。
・ 隅に土で固められたような筋ができている。

といった様々な症状や判断材料?が出てきます。
これらは木材だけとは限りません。
コンクリート基礎や断熱材みたいな
「食べておいしいの?」といった部材も侵食している場合もあります。

シロアリ被害箇所を修繕

薬剤散布とほぼ同時期に(シロアリも賢いので駆除する前にドンドン!ガンガン!と、工事を先に始めると家の隅に逃げてしまいます)修繕をしていきます。

脱衣室入口の敷居になります。
両方フローリングで、敷居だけ取り除くのはなかなか難しいものです。
新しい敷居を入れると扉の開け閉めが明らかにスムーズになり気持ちがいいですね

松の敷居はシロアリ大好物です。
なので敷居だけを食い散らかして全く離れた場所の松の敷居を侵食していることもあります。

玄関の下駄箱です。そんなにいつも湿気る所でも無いと思うのですが
引き戸を取ってみると、やはり好物の松の敷居を中心に床板、垂木を食べていました。
新しい敷居と床板(縁甲板)に取替え
こちらも敷居を取り替えると引き戸がスムーズに動くようになりました。

シロアリ駆除は極力思い切ってやるべき

シロアリ駆除はできるだけ広範囲に、というか思い切って床下全面に駆除されることをおすすめします。少しずつ(例えば床面積の4分の1だけ)駆除しても他の4分の3のどこかへ移動してしまう可能性が十分あります。


床下全面を駆除することで5年保証が付いてくるのも安心ですね。

シロアリ調査~駆除

シロアリ調査

「床がボロボロだ」とか「敷居がボロボロだ」とかの連絡をいただいたら
まずは下見に伺います。

そしてその原因は何なのか?をしっかり見定めます。


・ 経年劣化なのか?
・ 床下の湿気・雨漏り・給排水の漏れ?
・ シロアリ?

そして原因がシロアリと判断したら
床下調査をする日程を決めて、改めて伺います。

床がフローリングの場合は
アルミの床下点検口を新設して
床下に潜れるようにしてから調査をします

床下がつながっていないかもしれない

昔、増築をしました。という家は十中八九床下が行き来できない所がでてきます。
増築でなくてもしっかり基礎で床下が区切られている珍しいパターンもあります。

そんな時は区切られている一区切りごとに床を捲ります。
フローリングみたいに捲れない化粧の床は、アルミの点検ハッチを増設して床下に潜れるようにします。

基礎の入り隅に蟻道
束石から伸びる床束の蟻道

発見したら

シロアリの存在やかつて存在した形跡を発見したら駆除するための計画と見積りを作成し
お施主様に提出→後日了承がいただけたら→日程調整をして→駆除施工となります。

駆除開始

シロアリ駆除は基本二人ほどで施工します。
床下に潜って上画像の薬剤を噴霧したり、上画像のように柱に穴を開けて薬剤を注入することもあります。

シロアリ予防について

近頃はシロアリ被害の住宅が本当に多くなっています。
できるだけシロアリを寄せ付けない工夫をしていただきたいです。


しかし相手は生き物ですし、ヤマトシロアリや外来種のシロアリとで性質も違ったりしていて、確実な予防は難しいかもしれませんが、湿気や通気、羽虫の飛来、庭の倒木・木製杭の放置にご注意ください。

豪雨と台風と豪雪に備える

建物にとっての天敵は水

住宅でもビルでも倉庫でも、あらゆる建物を確実に蝕むものは水とか水気だと思っています。
水気が侵入し、結露し、カビを派生させ、鉄は錆び、コンクリートは爆裂を起こし、木材はシロアリが住み着き、いよいよ建物の構造が蝕まれていくことだと思っています。

もし雨漏りや結露・配管の破損などが目で見て確認できたなら、早目に屋根や壁・ベランダの防水などの手当てをしておくことで建物は随分と長持ちすることでしょう。

小屋の屋根改修

線路沿いに建つ軽量鉄骨系の小屋の屋根の貼替えをさせていただきました

車一台分くらいの車庫の屋根
上がってみるとDIYによる塩ビ系波板が貼ってあった

塩ビ系の波板は最初しばらくは柔軟性があるのですが数年で硬化し、留めてある釘の周りからバリバリ割れて、釘から解放された塩ビ波板は真夏の熱射に焼かれてグニャグニャと自由に曲がるのだと想像します。

因みに同じ樹脂波板でもポリカー波板は耐候性があるので塩ビ波板よりプラス10年ほど長もちするのだと思います。あと透明度も高いので、よく物干し場の屋根なんかには使われますね

波トタンに貼替え

そういったことからすっかり樹脂系の波板に信用をなくされたので、今回施主さんが選択されたのは「波トタン」となりました。

古い波板を捲り、防水紙、木下地
波トタンを傘釘で細かく打っていきます

古い塩ビの波板をめくると、野地板の合板が出てきました。やはりある程度風化し接着のボンドも劣化したのか?あまり上を歩くことも注意すべき状態でしたので、フエルトで防水層を作り、厚めの木桟で下地の補強をしました。

あとは順次波トタンを貼っていきます。

端口の軒となっていた部分は野地合板の劣化が著しかったので、軒の出をギリギリまでカットしました。そうすることで端口が雪等(人が登った時は特に危険)の重みで折れる心配は無くなりました。

季節がら、強い風が吹くたびに「屋根大丈夫だろうか?と心配しなくて良くなった!」と喜んでいただけました。
線路沿いの小屋ですから特に心配だったとお察しいたします。

ありがとうございました

突然の給湯器トラブル

「今朝まで動いてたのに」

2年ほど前にボイラーを入れていただいたお客さんから
「マルセイさん、浴室のリモコンは点いているし、ボイラーも使えるのに台所のリモコンが点かない。」といったトラブルの連絡がありました。

駆けつけてみると、普通にお湯も使える。
浴室リモコンも表示有り、反応有りで使えてそうです。


それで自分なりに点かない台所リモコンの線がつながっているか?
ボイラー本体側でもつながっているか?
電源を落として再度リセットしたり。
といろいろ試してみたけど、相変わらず台所リモコンだけ反応が無い状態でした。


お施主さんもそういった方面に器用な方で、
「それ、昨日一通りやってみたんだわ。でもアカンかった。」
ということで、私は同じことをもう一回一通りやっていたみたいです。

メーカーの気の効いた対応が有難い

いよいよお手上げ状態だったので、メーカーの営業担当者に電話


マルセイ「かくかくしかじか・・・で、台所リモコンだけ点かない、なので当然エラー表示を見ることもできない。」ことを説明すると。

営業「まず、本体は動いているし風呂リモコンで操作ができる。
それにエラー表示は風呂リモコンにも出ますから、エラーじゃないということですよ。

どうしてかな~。
もうね、台所リモコンだけ何らかの原因で断線しているか?

リモコン内でどうかなったか?どっちかですね」

という答えでした。
そこで営業からの提案がありました。


営業「修理依頼をするかどうかを判断する前に、とても簡単な事ですから私が案内する通りにやってみてください。」
営業「新しいリモコン線を用意して、ボイラー本体と台所リモコンを直接つないでみてください」

ということで、言われる通りにやってみると、問題無く台所リモコンが点きました。

壁内で通信線が切れている?

結果として、何らかの原因で壁の中でリモコン線が切れている。ということが分かりました。

それで新しいリモコンコードを別ルートで台所のリモコンの所へ配線し、つなげて無事にリモコンが使えるようになりました。

今回はメーカー営業さんに大変助けていただきました。
そのメーカーは長府製作所「CHOFU」さんです。
大変お世話になりました。