シロアリの活動時期

暖かくなるとシロアリも活動

近ごろ寒暖差が激しくなる中、桜の開花も過ぎて本格的な春を迎えようとしています。

晴れると気温も上がりぽかぽかと気持ちがいいです。

しかし、木造住宅の天敵である”シロアリ”も活動的になり、繁殖を始めようとする時期です。
もうしばらくすると羽蟻が大量に舞い、シロアリの大移動があるかもしれません。

ご自分の家の周囲。
特に水回りの外壁や基礎まわりをご確認いただき、黒っぽい羽根蟻の本体やその羽根だけの塊がないか注意してみてください。

閲覧注意!シロアリ

床下の土壌から通気口のフチを土で作ったトンネル(蟻道)を通って土台へ行き来している。
蟻道を崩してみると実際にシロアリがゾロゾロと行き来していた

近年は気温の上昇と豪雨や台風で床下の湿度が高くジメジメしていることが多いのか?
床板や畳、床組みがシロアリ被害に遭うことが多いような気がしています。

シロアリは紫外線(太陽の光)に弱く、暗くジメジメした木の有る所が好きです。
上の画像のように、地中から土台までどうにか移動したい時は蟻道を作って、そのトンネルの中を通って土台(木)に到達します。

シロアリ被害

シロアリの侵食は場所を選びません。

大好きな樹種の木を求めてひたすら移動しながら食い尽くします。

画像は床下の根太と大引です。
どちらも松が使われており、松が大好きなシロアリは、杉の縁板には目もくれずひたすら大引と根太をボロボロになるまで食い尽くした状況です。

こうなると床下の床組みから取り替えないと床が持ちません。

シロアリ駆除は床下全部

一室の床の一部にシロアリ被害が見られたら、調査はもちろんですが、できれば思い切って家全体の床下を駆除することをお勧めします。

なぜならシロアリも生き物ですから、考え対策してきます。つまり逃げ惑います。それは凄い勢いで逃げるので、一室の床下だけに薬剤を撒いたところで一部のシロアリの犠牲はあるかもしれませんが、あっと言う間にその部屋からは移動して、地中に潜ってしまうか?別の部屋に移動し、またそこで繁殖します。

なので極力家の床下全体を対象に駆除を考えてみてください。

シロアリか?どうか?の判断

マルセイはシロアリ被害の判断が得意ですので、遠慮なくご相談ください。

夜桜🌸

4月に入り、朝夕と日が長くなってきました。

気温も今週末は25度になる予報です。

日野川沿いの桜も綺麗に咲いております。

穴場でもある吉野瀬川の桜並木へ

夜の散策をしてきました。

ライトアップされて綺麗ですよ

人も少なく、車が通らなかったので、ゆっくりと桜を見る事が出来ました。

夜桜🌸

夜なので判断が出来ないですが、ほぼ満開だと思います。

春を感じ始めました

少しずつですが、暖かくなって来ました。

天気のいい時はチラシを配りに回っております。

咲き始めの桜を見つけました
明日も天気予報は晴れ満開になるかなぁ

この時期は花粉も飛び始めるので、チラシ配りが大変になります。

家の中が明るくなる

照明器具をLEDに交換

壬虎(みずのえ・とら)は「社会が生まれ変わり、新たなスタート」の年と言われている。

みたいです(受け売り)

なので心機一転、リフレッシュの意味も兼ねて「照明器具のLED化」をすることで、家の中を明るくされてみるのも良いかもしれません。

器具取替えのご用命をいただき、器具が全て揃ったので先日取替えに伺いました。

きっかけは脱衣室の天井シーリング(リング式蛍光灯)の不調でした。

接続部分の接触が悪く、「脚立でその接触部分をグリグリ動かすと点く。」とお客様は言われていましたが、火災の原因にもなるので交換を希望されました。

交換したい場所が他にも複数カ所あり、お見積り→注文を受け、製品が届くまでの数日間が脱衣室の使用に支障をきたすので、とりあえずは仮の裸電球(LED)を付けました。

照明がすごく明るいです。
直視すると若干目が痛いくらいです。
直径はたかだか12cmくらいの器具ですが、LEDはすごく明るいです。
また、カタログの切り抜き画像のとおり「昼白色」「温白色」「電球色」で明かりの色合いや演色性が違ってくるのはご存知かと思います。
これを使い分けて細かい作業をする部屋やあたたかい雰囲気の部屋、ぼんやりと雰囲気のある部屋を演出することができます。

また、天井付けシーリングタイプの照明器具はほとんどがリモコン操作となっており、電源のONOFFはもちろん、色の選択、明るさの選択ができるようになっています。

H様の2022年が家の中から明るいエネルギーが涌いて、良いスタートの年となりますように。

登録名簿が公開されました

1月に福井県木造住宅耐震改修事業者の登録申請をさせて頂き

2月に登録通知書が届きました!

現在、福井県のホームページにて

福井県木造住宅耐震改修事業者 越前市リストに

マルセイ住宅産業

公開されております。

春になったら屋根の点検

屋根は毎日住まいを守ります

住まいの屋根は私たちが寝ていても、仕事に出ていても、旅行に出ていても、雪が降っても、炎天下でも住まいを守ってくれています。

屋根にとって一番過酷な気象状況は、突風と積雪(特に雪国は)でしょうか。
台風や竜巻による突風の時は一時的な天災ではありますが、屋根材がずれたり浮いたりしていないか?を確認しましょう。

また、冬が過ぎて雪が溶けて無くなったら、屋根が傷んでいないか?屋根材が割れていないか?ズレていないか?特に棟(屋根の頂部)の瓦や板金がズレていないか?を確認した方が良いと思います。

防水層があるうちに早目の手当てを

近頃の家の屋根は屋根葺き材に関わらず、防水紙が一面に敷いてありますので、少しのひび割れや穴では室内まで雨漏りすることは少ないかもしれませんが、逆にそれが災いして屋根に穴があることに気が付かず、被害が甚大になってしまうこともあります。

また、金属屋根は塗装が命と言っても過言ではないくらい塗装が劣化したり剥げたりすると瞬く間に鉄板が錆びてしまいます。全体的に錆が出ていると、大したこと無いように感じてしまいますが、間違いなく劣化は進行します。

瓦やコロニアルの屋根には時おり、苔が繁殖しているケースも散見されますが、この苔も見つけたら除去や洗浄するなりで採ってしまうことをお勧めします。苔の根が屋根材を侵食し、挙句に凍結と共にひび割れてしまうなどの原因になりかねないです。

なので何か屋根に負担となる事象が起きる度に確認をした方が良いと思われます。

瓦の干割れ
瓦も長くなると水を吸い凍結でひ割れ
瓦の捻じれ
経年のため瓦が捻じれ隙間が大きい

アコーディオンカーテンで間仕切り

仕切れば個室になる

とある施設の広い一室を間仕切ることで視線を遮り個室として使用したい。
とのご要望でした。

アコーディオンを選択する時

カーテンでは風でヒラヒラするし、引き戸だと開けても開口が半分になってしまったり、小さい子が手を詰める心配がある。
アコーディオンカーテンだとある程度しっかり仕切ることができるし、全開にすれば部屋がワンルームのように一体感がでる。

梁を入れる?

アコーディオンの巾は壁から壁まで約2.2m。
アコーディオンカーテンは両面シート貼りのため案外重いです。
それをアルミレールたった1本で吊るわけにはいかないので
レールを吊る何かが必要です。

天井から金具でレールを吊る方法も思ったのですが

小さいお子様が引っ張るかもしれない」

というお話を聞きましたので、吊り金具で天井が壊れてもこまるので
杉の梁を入れることで天井とは縁を切り、
柱で重さを受けるご提案をしました。

前日に木材を加工し鉋で表面を超仕上げ、
当日の設置は木材に手垢止めの塗装をしたりで半日ほどで完了しました。

雪がさんさんと降る寒い日でしたが、施設内の暖かい所で作業をさせていただきました。

施設の皆様もコロナ禍で大変ですが頑張ってください。
大変お世話になりありがとうございました。

パソコンのメンテナンス

パソコンの不調を早目に相談

昨年の12月の中頃だったでしょうか?
パソコンを立ち上げようと電源を入れたら

真っ暗なモニターの下部に  fixing(c:)stage1  〇〇% ~~~
という表示が出てきて待てど暮らせどスタート画面にならなくて


しょうがないので他の事を3時間ほどやって帰ってくると
ちゃんと立ち上がってました。

でもこのようなことがまた起きると嫌なので知り合いの方に不具合を相談すると

「HDDというパソコンの中の頭脳が何かの原因で劣化したのかもしれない。」
「HDDを取り出してもっと処理スピードの高いSSDというディスクに替えられる」

ということでした。さらに

「早目に直しておかないと、次同じような症状がでても3時間やそこらで立ち上がるか
分からないですよ。」とアドバイスをしてくれたのでディスクの取替えをお願いしました。

データのお引越し

パソコン本体とSSDをつなぐ
まず元のディスクのデータを交換するSSDにコピー
データの引っ越し
データを引っ越し中??

私はあまりこういうのに長けてないので
横から見ていただけなのですが、SSDを専用のケーブルでパソコン本体につないで、本体HDDのデータをそっくりそのままコピーするそうです。

直接有線でデータを移すのでどこかに情報が洩れる心配もありません。とのこと

新しい頭脳(ディスク)の移植

取り出されたハードディスク

彼は普段は全く別の仕事をしているのですが、こういった方面にも強いのは羨ましいです。

本体を分解して古いディスクを取り出しました。

引っ越しが完了

画像はパソコン本体の中にあった古いハードディスク(HDD)です。

今後もスムーズに動いて長生きしてほしいと願うばかりです。

こういった精密機械は、ちょっとしたことで不具合を起こします。
住宅の設備も一緒です。
けれども近頃の家電・設備は高機能すぎて、不具合が起こると修理に買い替えるほどの料金がかかり、結局買い替えをすすめられることがほとんどです。
「仕方がないのかな。。。」と思う反面、「せっかくメーカーのを買ったのに。。。」という残念な気持ちになる時もあります。(特に数年で壊れると)

これだけ技術が発達しているのですから、そろそろ簡単に部品交換ができて長くつかえる住宅家電・設備が出てきてもらいたいものです。

その点、住宅はリフォームすることができるので良いですね。

ご縁を求めて

1月もあと少しで終わりを向かえます。

天気に恵まれた今週は、今年度初となるチラシを配りに回っております。

雪の残る道を歩いていると、珍しい足跡が…

社長曰く

イノシシだな

春はまだ遠いみたいです。

鉋のメンテナンス③

鉋台の調整も木を綺麗に削るための役割を十分担っています。
どんなに刃を確実に砥いでも、台の調整がままならないと上手に削れません。

鉋台の削りたい部分にケのマーク
全体の捻じれをみて集中的に削りたい所に『ケ』のマークを付けました。
ペーパーで削っている所
平らな鉄板の上で#180のサンドペーパーを使ってガシガシ削ります。右上マークの『ケ』は削って消えました
全体的に平らに削れた
『ケ』のマークを中心に全体を平らに削ることができました。
ピンク色の斜線部を削る
ピンク色の斜線部をへこませる。
赤線の部分は木材に当たる基準となるので削らない。
真っすぐな定規を当てながら、横から覗いて隙間を確認しながら擦ってへこませます
少しずつをこするために使うのがこの『立鉋(たちがんな)』
全ての調整が完了していよいよ試し削り
削る木材は杉の柾目で比較的目が細かい
現場で使う鉋としてはこれで良しとします
ものすごくこだわる方もいます。

鉋の出番は・・・

 建築現場で鉋を頻繁に使うことはほとんどないですかね。少なくなりましたが和室まわりとか化粧の木肌を見せる自然木仕上げの内装、リフォームで化粧の現場合わせ。とかですと、まだ使うかもしれません。それでも工場で加工した化粧木材を大工さんが取り付けるだけの方が多くなってると思います。

 それでも道具を大切に自分でメンテナンスできるということと、いつでも使えるように準備しておくということは、良いもの作りの心構えとして、そういった一面もまだ世の中に残ってほしいな。と感じながら今回の鉋を片付けました。

 以上、「鉋のメンテナンス」連載おわり